読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Plantoronics Back Beat Proを買ってみて

f:id:pawpuro10:20160201232341j:plain

使用し始めて1週間ほど経ったので、レビューしたいと思います。
ちなみに、今まで家以外ではカナル型の有線イヤホンを中心に使っていました。

購入した経緯

  • ヘッドフォンをここ数ヶ月探していた
  • 幾つかブログで好評なレビューがあった
  • Bluetoothノイズキャンセリングの中では音の良さに悪いレビューがあまりなかった
  • バッテリー持ちが非常に良い

f:id:pawpuro10:20160201233439j:plain
▲かなり立派な箱に入っています

購入して使った感想

良い点
  • バッテリーの持ちはなかなか良い。3、4日に1回充電する感じ。(約7h/day使用)
  • スイッチひとつで、音楽の音量が下がり外部音をマイクで集音するモードになる
  • イヤーパッドの周りがボリューム調整のリングになっていて使いやすい
  • 電源を入れると、ペアリング機器とバッテリー状態を音声で喋ってくれる
  • 耳から外すと、自動的に一時停止になる
  • ノイズキャンセリングは無音とまではいかないが、電車の中などでかなり耳障りな音を軽減してくれる
  • 有線接続も使えるし、充電がAndroidと同じmicro USBなため汎用的
  • 冬は耳あてにもなって暖かい
気になる点
  • 2,3時間つけていると耳の一番飛び出ている部分がヘッドフォンのコーンに当たって痛くなる。自分の耳がすこし大きいのかも。。?
  • 装着感はとても良いという印象はない
生活の中での変化
  • ワイヤレスで煩わしさがないため、移動中は大体装着するようになった
  • 溜まっていたPodcastなどが移動中に消化できるようになった
  • iPadで動画が見やすくなった
  • ノイズキャンセルのみ使って、集中環境を作れるようになった

総評

f:id:pawpuro10:20160201232310j:plain
総じて購入前に見たレビューなどと同じ感じでしたが、今まで家で短時間しかヘッドフォンをしなかった身からすると、若干窮屈感や圧迫感を感じてしまいます。この辺は慣れの問題もあると思うので、そんなに気にする必要はなさそうです。
一方で、イヤホンでは得られない包まれ感やバッテリー持ちなどメリットもたくさんあるので、このBack Beat Proは音質のバランスとUI/UXの非常に良く考えられた一台と言えると思います。