2015年の振り返り

今年もあっという間に過ぎて年末になってしまいました。今年は何をしたかを振り返りながら、来年に向けて頭の整理をしようかなと思います。

とにかく「人」や「チーム」というのを意識した一年だった気がします。仕事での人やチームで一番大事になるのはやはり、人間のベースとなる性格がひねくれていないか、というところだなぁと感じました。

よく、チームには多種多様な人がいたほうが良い、という話を聞くことがありますが、それは上に書いたような部分に問題がない人であるということが大前提であるのかなと思いました。そうでないと、意見が合わなかったりその人の意見が通らなかった時に、その人を納得させたり機嫌を損ねないように気を使ったりと、無駄なエネルギーを使う必要が出てきてしまいます。

今年は仕事の内容は昨年と大きく変わることはなかったのですが、周りに認められるような目に見える結果が出ない中で、自分たちのやるべきことをやり続けることが大事だということもよくわかりました。

今年意識したこと

今年一番意識したのは、「安定」でした。誰しも1週間の中で調子が良かったり、悪かったりすることがあると思います。その波をどれだけ安定させ、一定のパフォーマンスを出し続けられるかというチャレンジをしました。そのためにやったことは以下の3つです。

  1. 平日夜に1~2回のジム通い
  2. 自分の感情を安定させる
  3. 自分の考えや感じたことを言語化する
1. 平日夜に1~2回のジム通い

身体を鍛えるという大きな目的がありますが、昨年までは家でのトレーニングとたまにジムに行くという程度でした。ジムに行くことで、安定してトレーニングができるようになったということに加えて、トレーニング後にサウナや風呂に入ってリフレッシュできるというのも大きかったと思います。その効果もあって、金曜までエネルギーが高い状態を維持することもでき、体調も安定させることができました。

2.自分の感情を安定させる

自分が今までイライラしたり、気持ちが乗らなかったりすると、仕事の調子や態度に出てしまうということがありました。この課題が解消できればもっと精神的に安定させることができると思いました。具体的には、自分の中で生まれた感情を徹底的に客観的に観察するということでした。例えばイライラした時は、「ああ、今◯◯にイライラしたな」というように外に出さず自分の中で消化するようにします。最初の数ヶ月は効果があるのか半信半疑でしたが、段々と自然と客観的に自分を見ることができるようになり、メンタル面で安定した状態を作り出すことができたと思っています。

3.自分の考えや感じたことを言語化する

ここは昨年から自分の中で改善していこうと思っていた部分で、以前「感覚派と論理派」について書いたエントリーにも関わることですが、言語化は自分はとても苦手なでした。1年間意識的に言語化したり、わかりやすく説明するなどを意識してきて、徐々に自分の頭の中でも整理しやすい状態を作ることができるのなかなと感じられるようになりました。

今年できなかったこととやりたいこと

今年はなかなか外部との関わりを持つことが少なかったかなと感じています。来年はもっと色々な人と仕事をしてみたいなと思っています。あまり一つのことが疎かにならないようにしたいですが、徐々に自分の時間とバランスをとりながらやっていきたいなと思っています。