北海道で走りの楽しい4WD車を選ぶとすると?

今年北海道に移住する予定で、次の車を何にしようか考え中です。
条件としては、下記を全て満たすものが理想。

  • 4WD(もしくはFF)
  • AT or 2ペダルMT(6ATが理想)
  • 高速巡航が楽(程々にパワーがある)
  • 300万円内
  • デザインが格好良い
  • クルコン(できればACC)が付いている

とりあえず、色々見ていく中でディーゼルの力強さと燃費をとるか、ガソリンターボーのスポーティーさをとるか、という2択になりました。そうすると自然と国産はスバルかマツダ、外車はアウディVWあたりになりました。一台ずつ見ていくと、、

1. ゴルフR

f:id:pawpuro10:20180412193225j:plain
Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式
スポーツ性と実用性どちらをとってもかなり魅力的な一台。新車価格が500万オーバーではあるものの、2014年モデルなどは300万を切っているものもあり、良い中古が見つけられればお買い得な気がしています。ライバルとしてメルセデスのA45AMGなどがありますが、あちらは中古車相場が+100万くらいになってしまうので除外しました。

2017モデルは280ps/38.7kgm→310ps/40.8kgm・6速DSG→7速DSGという進化しているポイントがあるのですが、2014モデルでも十分なパフォーマンスです。
心配なのは、DSGの耐久性くらいでしょうか。保証などで直せない場合はかなりの出費になるので、少々気になっています。

2014モデルの中古相場は280~400万。
https://www.goo-net.com/usedcar/brand-VOLKSWAGEN/car-GOLF_R/


2. アクセラスポーツ2.2XD 4WD

f:id:pawpuro10:20180412192655p:plain
【MAZDA】アクセラ|5ドアスポーツ・ハッチバック / 4ドアセダン – マツダ



条件をすべて満たしている、第一候補。
程よくコンパクトなボディーに2.2リッターのディーゼルを積んでいます。
かなりパワフルな一方で、渋滞の少ない北海道のであれば、実燃費は20km/lは超えると思われます。
若干フロントヘビーな感じが気になりますが、そこはマツダなのでうまくチューニングしているはず。
アクセラのXDは1.5と2.2がありますが、4WDの設定があるのが2.2のみになります。

4WDの台数があまり多くなく年式も新しいめなため、カーセンサーだと大体260~300万円の間くらいと少々高い。
アクセラスポーツ・4WDの中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】

3. デミオ1.5XD 4WD

f:id:pawpuro10:20180412192717j:plain
【MAZDA】デミオ|コンパクトカー – マツダ


これもデザイン以外は概ねOK。発売当初に1日借りて試乗した時は、コンパクトカーとは思えない重厚な走りと高速巡航の楽さに感動した記憶があります。
とはいえ、1.5リッターという排気量故に極低速のトルクが細かったりターボラグを感じたりとネガも多少はあります。また、デザインも他のマツダ車と比べてしまうとボディサイズが小さいというのもあり、劣ってしまう気がします。
ただ、値段と走りと燃費どれをとっても他のコンパクトカーにはない良さがあるので悩むところです。
装備では、安いマイチェン前のグレードだとACCではなく普通のクルコンになってしまいます。最近のモデルを選べばACCが付いているものも見つかりそうです。

カーセンサーだと大体170~200万円の間くらい。
年式が最近のLパッケージだと200万円超えもちらほら。
デミオ・4WDの中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】

4. WRX S4

f:id:pawpuro10:20180320215921j:plain
北海道では絶大な人気を誇るSUBARU。その中で候補に上がるのが、WRX S4です。今までのSUBARU車の中ではデザインもかなり格好良いと個人的に思っているのと、2.0DITの300psというパワーとアイサイトの楽さが非常に魅力です。ただし、ミッションがリニアトロニックというCVTであるというのがマイナスポイントになっており、普通のトルコンATだったらもう少し上位になったかなと思います。
ただし、最近のリニアトロニックはかなりアクセルレスポンスが改善されてきていて、先日乗ったXVなんかはアクセルオフから踏み直した時のレスポンスやむやみに回転が上がらず加速する感じなど、ネガティブな部分が徐々に解消されているなと感じました。中古でもマイチェン前のモデルであれば260万ほどで出回っています。
それ以外にもフォレスターレヴォーグがありますが、デザインが好みではないので外しました。

中古車相場は260~300万円前半と幅広い。
WRX(スバル)の中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】

エンジニアとして2年くらい副業をしてどうだったか

2016年から2年間くらい副業をしていたので、その時のことを軽くまとめておく。

自分はエンジニアとして新卒でWebサービスを運営している会社にエンジニアとして入社した。最初の2年くらいはとにかく、目の前の業務をがむしゃらにこなして社内の評価を得ようとした。同時に、2年目の途中からは自分のやりたい新しい分野の技術(iOSのネイティブアプリ)の勉強を初め、社内でメンバーを集めて勉強会みたいなことをやっていた。そして、3年目になる時にiOSアプリの新規サービスの開発に参加でき、その後3年ほどそのプロジェクトに関わっていた。

しかし、4年目くらいに社内での評価と社外で通用するエンジニアとは違うのではないか、という疑問が大きくなり、転職しようかと思い始めた。そんな時、副業というワードを目にして、そういえばうちの会社は副業禁止ではなかったし、どういうのがあるのか探してみよう、という軽いノリで色々見ているとコデアル(CODEAL)というサービスを見つけた。

登録し、自分がやりたい案件(自分の場合はiOSアプリ開発)について「詳しく要件を聞きたい」を押しておくと、コデアルの人から連絡が来て面談をし、その後企業のエンジニアの人と面接をするという流れだった。もし、興味のある案件がなくなってしまっても、コデアルの人から同じような案件を紹介してもらえる。

自分の場合は、本業をやりながら副業をやるという選択をしたのだが、それによって得られたものがいくつかある。

  • 他社の開発スタイルを見ることができた
  • リモートの会社だったのでオンライン上でのコミュニケーションスキルが上がった(コデアルにある案件は副業ということもありリモートが多い)
  • 自分のスキルが通用するかどうかを試せた
  • フリーランスになるきっかけになった(働き方の視野が広がった)
  • 収入がアップする

もちろん、2つの仕事を並行して進めないといけないのでデメリットもあった。

  • 本業が終わって家に帰ってもゆっくり休めない
  • 本業が忙しいと副業に割ける時間がなくなる(あくまでも本業優先のため)
  • 読書やプライベートで開発に使っていた時間がなくなる

など、どちらもあるのだけど、総じてやって後悔は全然していないし、得られたものは非常にたくさんあったと思う。しかし、単にお金目当てではなく、何かしらスキルアップしたいとか目的があったほうがいいと思う。特にエンジニアなので、短期的にお金のために働くと言うよりは、自分のスキルを磨くことに時間を使うなど、長期的に見て何が自分にとってプラスになるのかをよく考えた上でやったほうがいいな、と思った。

MBP2016でUSBドングルを試す

外でネットを使おうと思った時、公衆wifiが無いとテザリングをしていたのですが、どうしてもiPhoneのバッテリーとかが気になったりして、あまり使い勝手が良くないなぁと思っていました。

そこで、USBで接続できてDMM mobileのデータ専用のSIM(最近あまり使っていないやつ)が使えるやつは無いかな〜?と探してみたところありました。

ピクセラ LTE対応USBドングル ホワイト  PIX-MT100

ピクセラ LTE対応USBドングル ホワイト PIX-MT100

他にも下記のような類似品があったのですが、一番PIXELAのものがMacでも問題なく使えそうだったので、少々高いですがそちらにしました。

docomo L-02C シルバー データ通信専用機種

docomo L-02C シルバー データ通信専用機種

あくまでも、常にこれを使って仕事をするという用途ではないです。移動中とかwifiが無い時に補助的に使うのにはちょうど良く、Slackとブラウザを立ち上げて開発するくらいは全然余裕ですね。

設定手順

1. DMM mobileのnano simを変換アダプタを使ってmicro simに変換。

2. スロットに差し込む
f:id:pawpuro10:20180307210815j:plain

3. MBPにUSBで接続。自分はUSBのA-C変換ケーブルを一緒に買いました。
f:id:pawpuro10:20180307210001j:plain

4. Macのブラウザで192.168.0.1にアクセスし、admin/adminでログイン
f:id:pawpuro10:20180307232153p:plain

5. モデム設定でDMMのAPNの情報を入力。DMM mobileの場合は下記のページに自分のAPN名が書いてあります。
https://mvno.dmm.com/mypage/-/contact/

f:id:pawpuro10:20180307232242p:plain

6. 設定が終わって数分待つと、3の写真にあるランプがオレンジ→青に変わったはずです。これで通信できるようになりました。特にドライバなどは必要ないみたいです。

スピード

元のSIMのスピードのままですが、

  • 昼間なら8~10Mbps
  • 夕方〜夜間などの混雑している時間帯は2~5Mbps

という感じです。普通に仕事に使う分には問題ありません。

その他

  • Docomoの回線を使用していればMVNOのSIMは大体使えそう
  • wifiアクセスポイントにもなる

痩せ型の自分が無呼吸症候群を改善した方法

最近、寝ている途中に呼吸が苦しくて、恐ろしい夢を見ることが増えました。どうやら、いびきが酷く睡眠時無呼吸症候群になっているようで、睡眠の質も悪くなっているように感じました。

元々、寝付きは良かったのですが何となく最近昼間の眠気があったり、朝起きたときになぜか疲れた感じがするようになり、何か改善策が無いかとネットの記事をいくつか見ていました。そして見つけたのが、肥満ではない人で無呼吸症候群になっている人は、扁桃腺が肥大しているか舌が長い(大きい)と言うものでした。

確かに、自分は舌が長いという自覚があったし、仰向けになった時に舌が喉を塞ぐような感覚がありました。舌を落ち込まないようにするトレーニングなどもあるようでしたが、どうも効果があるのかわからず調べていると、舌用のマウスピースを発見!

これは、舌を差し込んでスポイトのように吸い取ることで、舌が喉の方に落ち込むことを防ぐというものです。とりあえず、付けて寝てみたところいびきが本当に止まり、朝もかなりスッキリと目覚めることができました。結構な頻度で寝ている途中に外れてしまいますが、寝付いた直後にいびきが酷いことが多く、その時間帯はきちんと装着されているので、その後外れてしまっていてもある程度効果があるようでした。

実際に付けてみるとかなり違和感があり、つばを飲み込みにくいなど、これで寝れるのか?というのがありました。確かに神経質な人は付けてると眠れないことがあるかもしれません。

データでの検証

実際に付ける前と付けた後のデータを、AppleWatchを装着して下記のアプリで睡眠状態を測定してみました。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

  • Tantsissa
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360

データ 装着前 装着後 前後比較
良質な睡眠 2:50 4:37 +1:47
心拍数 58.33 56.16 -2.17
睡眠時間 6:48 7:03 +0:15

上記は期間中の測定の平均値ですが、明らかに良質な睡眠の時間が大幅上がっています。また、以前は無呼吸になったタイミングと思われる時間帯の心拍の上昇が大きかったのですが、それが殆ど見られなくなりました。

まとめ

あくまで、自分の例ですが結構、いびきと舌というのは密接な関係があり、睡眠の質に大きな影響があるのだなぁと感じました。最近はAppleWatchなどのウェアラブルバイスもメジャーになってきて、自分の行動の数値化ができるようになってきたので、このように身体の状態のPDCAを回せるようになるのは個人的にとても楽しいですw

舌マウスピースオススメです。

中古車購入と月額マイカー賃貸の費用比較

マツダ デミオ XDツーリング(2WD)を中古で買った場合と、NOREL(https://norel.jp/)で同じ車種に乗った場合の費用比較をしたメモ。今回はNORELのみ。

  • 2年落ちの中古車であれば、3~5年使用だと大きな故障も無いはずなので、修理費等はなし
  • 売却時の値段がディーゼルであればもう少し高いかもしれない
  • 現状NORELでの値段が高い印象があるので、月額3万円台で借りられると逆転する可能性あり

3年所有のケース

買った場合(5年乗る場合)

購入時の車検残 2018.07まで

車両 1,500,000
車検 100,000*2=200,000
夏タイヤ(購入時に付いていて、1回交換を想定) 5000*4=20000
冬タイヤ(初回購入と1回交換を想定) 10000*4=40000
任意保険 4000*12*3=144,000
自動車税 34,500*3=103,500
売却益 -400,000
計 1,607,500

NOREL

月額 59,800*12*3=2,152,800
(39,800*12*3=1,432,800)
計 2,152,800(1,432,800)

差額

中古の方が約55万円ほど得

5年所有のケース

買った場合(5年乗る場合)

購入時の車検残 2018.07まで

車両 1,500,000
車検 100,000*3=300,000
夏タイヤ(購入時に付いていて、1回交換を想定) 5000*4=20000
冬タイヤ(初回購入と1回交換を想定) 10000*4*2=80000
任意保険 4000*12*5=240,000
自動車税 34,500*5=172,500
売却益 -200,000
計 2,012,500

NOREL

月額 59,800*12*5=3,588,000
(39,800*12*5=2,388,000)
計 3,588,000(2,388,000)

まとめ

  • 中古で150万円くらいで買える車両であれば、月額3万円台が比較目安
  • なかなか自分では買わない外車や2シーターオープンなどを短期間所有する場合とかは結構使えそう。
  • 北海道のように降雪地帯では、夏用の2WDと冬用の4WDをスイッチするなどは用途として良さそう

エンジニアが最高のパフォーマンスを発揮するための筋肉メンテ術

f:id:pawpuro10:20161218231022j:plain

この記事は筋肉 Advent Calendar 2016 - Qiita 22日目の記事です。

体脂肪率3%の筋トレエンジニアmusclemikiyaです。
私は今年1年を通して、周りのエンジニアたちに如何にジムに行って筋トレをすることが、普段に仕事にどれだけプラスなのかということをウザいくらい繰り返し熱弁してきました。その結果、周りのエンジニア6人ぐらいをジムに通わせることに成功しました!パチパチパチ。

さて、普段皆さんは自分の筋肉のメンテナンスはしているでしょうか?背中の張りや腰痛、肩こりでマッサージや整体に通っても解消されず悩んでいませんか?今回はそんな色々な身体の悩みを抱えるエンジニアが、筋肉メンテをすることで色々とハッピーになれますよ、という内容です。

筋肉をメンテするとどうなるのか

エンジニアは特に座って仕事をする時間が長く、筋肉の凝りや疲労は徐々に蓄積されていきます。それが徐々に痛みや怠さとして集中力をジワジワと奪っていきます。それらの問題は慣れていたとしても、仕事の集中力ややる気を奪ったり、少なからず影響を与えいているはずなので、それらを取り除けるというだけでもやる価値は大いにあるはずです。そういう人が筋肉メンテをきちんと継続して行えば、筋肉の悩みは確実に解消されるはずです。

1. マッサージ・ストレッチ

筋肉といえば真っ先に筋トレというのが頭に浮かぶかもしれませんが、エンジニアにとって普段の身体の調子を整えるためには、このマッサージやストレッチのほうが重要だと思います。

フォームローラー

これが今年の一押しです!!
ローラーの上に寝転がって肩と背中の筋肉をほぐしていくのですが、ストレッチやマッサージでも解消しなかった背中と肩のダルさが嘘のように解消しました。効果が分かってからは、毎日寝る前に3分ほどやるようにしています。
※使わないほうが良い部位などもあるので、やり方を調べてから使うことをオススメします。

肩甲骨剥がし

肩甲骨剥がしは肩こりなどに有効と最近よく耳にすることが多い気がします。でも、実際に肩甲骨剥がしって何やるの?という人も多いはずです。自分も最初はよくわからず色々な記事を調べたりしましたが、下記の記事がとてもわかりやすく、実際に効果も実感できました。仕事の合間などにやると肩の疲れ方が軽減されるはずです。
www.travelife100.com

2. トレーニング

トレーニングの内容は今回はそこまで重要ではありませんが、週2回くらいのペースでトレーニングを行う習慣を付けるのは身体的にも精神的にもオススメです。トレーニングを行うことで、筋力が弱い部分が鍛えられ腰痛などが解消したり、自分の身体が引き締まってくることで気分が明るくなったり、副次的な効果もいくつもあります。自分が普段やっているのはジムと自宅でのトレーニングの2種類です。個人的には、トレーニングのバリエーションが多くでき、トレーニングの効果を発揮しやすいジムでのトレーニングがオススメです。

@ジム

ジムには週に2~3回ペースで通っていますが、一回あたりは30分ほどトレーニングを行っています。私はあまりトレーナーに相談したりはしないので、24時間営業で夜間や早朝は無人のジムに行ってトレーニングをしています。最近は24時間のジムもかなり増えてきています。

www.anytimefitness.co.jp
www.fitness24.jp

@自宅

自宅ではジムに行けない時や、ジムではやっていないメニューをやったりしています。ダンベルと腹筋ローラーを使用したトレーニングのみです。腹筋ローラーは最初はキツイですが、少ない回数で高負荷をかけることができるので、なかなか通常のクランチでは腹筋が割れずに苦労している人にもオススメです。

3. デスクワーク環境

一日のうち殆どを座って過ごすエンジニアにとって、デスクワークの環境は筋肉にとって非常に重要です。

バックジョイ

最初はお尻にフィットせず、若干不快感を感じるかもしれませんが、どんな椅子の上にも置くことができ、腰痛が軽減されるのがわかるはずです。3年ほど愛用していますが、たまに無しで3日くらい過ごすと徐々に腰に違和感を感じるくらい効果があります。

フットレスト

バックジョイと同じく手放せないのがフットレストです。足を少し高く上げることで腰に掛かる負担を減らすことができます。椅子の種類によっては座面の高さが高すぎるものもあるので、フットレストがあれば調整することもできるのでオススメです。

エルゴヒューマン

もし椅子を自由に選べる環境にあるのであれば、良い椅子を選ぶというのは強くオススメします。私は自宅では下記のエルゴヒューマンを使用していますが、腰のサポートが非常に良くできており、バックジョイを使用しなくても快適に過ごせています。

まとめ

以上、普段自分が意識している筋肉メンテを紹介しました。自分の筋肉や身体の状態を意識しながら生活すると、徐々に自分の体調に敏感になっていることがわかると思います。ぜひ自分の筋肉とお友達になり、エンジニアとしてでもそうでなくても、最高のパフォーマンスを発揮できるように自分の筋肉をメンテしていってください!

2016年に買って良かった・悪かったモノ

今年主にAmazonで購入したモノの履歴からピックアップして、良かった悪かったモノに分類してみました。

良かった

トラックボール

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

今まではマウスのみを使っていましたが、下のキーボードと合わせてあまり腕を動かさずに作業をしようと思ったのと、一度トラックボールがどんなものか試してみたかったので購入。結構使いやすく満足していますが、定期的にボールの軸のホコリを掃除しないとスムーズに使えなくなります。設定を変更し、右クリック+トラックボールで高速スクロールができるのが便利。

フォームローラー

今年トレーニング雑誌などで見かけることが多かった、「筋膜リリース」ができるグッズです。使い方としては、背中などの下に置き、ローラーをゴロゴロ転がすようなイメージです。実際にやってみると、最初は少し痛いんですが徐々に刺激にも慣れてきて、背中や肩の筋肉の張りが見事になくなりました。デスクワークが多い人で肩こりや背中の張りに悩んでいる人には超おすすめです。

炭酸飲料

1ヶ月に1回箱買いしていた無糖のジンジャエールです。最初は無糖の炭酸飲料なんて美味しくないし、なんで飲む人がいるんだ?と思っていましたが、不思議な事にしばらく飲んでいると徐々にハマってしまいました。ミネラルウォーターでは味気ないけど、糖分は取りたくないという人にもオススメです。

ディスプレイ

32インチのPC用ディスプレイです。これの前は24インチのディスプレイを使用していたんですが、ちょうどタイムセールで安くなっていたので購入。グレアパネルなので、昼間使用するときは反射がかなるので、カーテンを閉めるなど工夫が必要です。机の上に置いてもそこまで圧迫感はなく、文字も大きく見やすいです。一方で、32インチくらいになるとHD解像度だと物足りなく感じてくるのも事実で、もしかすると27インチくらいの4Kのほうが使いやすいかもしれません。(値段は圧倒的にこちらの方が安いですが)

Kindle Paper White

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

前までは無印Kindleを使用していて特に不満があったわけではないんですが、モデルチェンジしたということもあり、バックライトの付いているPaper Whiteに変更してみました。結果的には変えてかなり良かったなと思っています。ボディーが軽く、薄くなり持ちやすくなったことと、以外にバックライトは薄暗いところで読んだりするのに便利だなと言うことがわかりました。

ヘアワックス

ミルボン ニゼル スモーキードライクリーム 60g

ミルボン ニゼル スモーキードライクリーム 60g

もともと髪質が柔らかく、色々なワックスを試していたんですがあまり合うものがなく、たまたま美容室で勧められたものがこれ。商品名にも「スモーキードライクリーム」とあるように、全くテカらずキープ力も結構強いので髪が細めの人には適しているのかなと思います。匂いもアップルの香りで非常に良いです。

デスクチェア

ずーっと以前から欲しいと思っていて、最近家の机で作業をすることが増えたので思い切って購入。一番の特徴は腰のサポート部が独立していて、しっかり腰をサポートしてくれるということで腰への負担はかなり少なく、メッシュ素材の座面が絶妙な弾力があってお尻の疲労が非常に少ないです。ヘッドレストもあるのですが、常に頭をつけておくわけではなく時々休憩時に置くという使い方をしています。肘掛けの角度や高さ、素材も問題ありませんでした。もし今後別なデスクワーク環境を作るときも間違いなくこの椅子を選択すると思います。

マグネット充電ケーブル

端子をマグネット化して、ケーブル接続を楽に行うグッズです。MacのMagsafeと同じような感じですが、iPhone側に端子を付けると、5mmほど出っ張ってしまうのが難点です。それが我慢できるのであれば、充電は非常に楽になります。現在はiPhoneiPad mini、BTヘッドフォンに装着しています。マグネットとケーブルの接続端子は共通化されているので、iPhoneAndroidでケーブルを分ける必要が無いところもメリットです。

口腔洗浄器

これを使う前は、電動歯ブラシ+デンタルフロスを使っていましたが、レビューが良かったのと使用後の爽快感がやみつきになる、というのを見て購入。使ってみると水圧がかなり高く、慣れる前は少し洗面台周りに水が飛び散っていましたが、なれるとうまく口のなかに留めることができるようになります。フロスよりも隅々まで水が行き渡るので、歯間の食べかすが面白いように洗浄でき、洗面台に流れてくのがわかります。歯茎と歯の間の洗浄もでき歯周病予防にもなるので、歯の健康を気にしている人にはおすすめです。

BTイヤホン

完全に試しに買ってみたものですが、流石Anker。このサイズなのにバッテリーの持ちが非常によく、通勤使用であれば1週間くらいは持ちますし、自然放電も少ないです。一方で音質はイヤーピースにかなり左右されるので、自分の耳に合うサイズをきちんと選ぶ必要があります。(カナル型イヤホンはどれもそうですが)あと、iPhoneで使用しているとたまに音が途切れることがあるのですが、一度切断してから接続し直すと復活します。

MacBookPro

f:id:pawpuro10:20161210134515j:plain
www.apple.com
今年発売された2016モデルのMBPです。TouchBar付きにどうするかを悩んだのですが、普段外付けキーボード+ディスプレイを使っていて必要性を感じなかったので無しを選択しました。購入前は2014モデルのAirを使っていたのですが、XcodeVMで開発をするには非常にストレスが多かったのでProの新モデルを心待ちにしていました。
公表されているスペックではバッテリー駆動時間は2015モデルなどと同じはずですが、若干持ちが悪いような気がしていますが、個体差かもしれません。
標準と変更したのは、メモリ8→16G、キーボードはUSを選択。

電動シュレッダー

以前までは、手動のシュレッダーを使っていたのですが、思った以上に手動は時間がかかりどんどんとシュレッダー待ちの郵便物などが溜まっていってしまいました。あと、手回し用のクランクが予想以上に場所を取るため、置く場所に困りました。電動に変えてからは、紙を差し込めば後は自動でやってくれるので、非常に快適になりました。シュレッダーは絶対に電動のほうが良いと思います。

悪かった

Bluetoothノイズキャンセリングヘッドフォン

まずバッテリー持ちが悪く、満充電でも1週間使わない状態で放置していると電池が殻になっていました。ノイズキャンセリングの性能と音質はまあまあ雑音を消してくれていたのと、特に癖のない音質でした。トータルで満足度は高くありませんでした。

キーボード

もともとケーブル接続のHHKBは使っていたのですが、職場だけでなく家のキーボードも揃えたいと思い、今回はBT版を購入。正直に言うとあまり移動させない人にとってはBTじゃないほうが良いと思います。単3電池の寿命も2~3ヶ月ほどしか持たず、PCを使い始めるときは必ずキーボードの電源スイッチを押して接続が完了してからでないとキー入力を受け付けてくれないので、色々と不便なところが多いです。。