北海道でリモートワークするエンジニアの日常

東京から札幌に移住してフリーランスのエンジニアとして働いています。車やライフハックネタが多め。

Golf7 R納車後1ヶ月乗ってみて

f:id:pawpuro10:20180714131543j:plain
Golf Rの2014年モデル(以下ゴルフR)を購入して、Ⅰヶ月ほど経過したのでレビューを書きます。
乗りやすく非常に良い車なのですが、今回はオーナー目線で細かいところを書いておこうと思います。

特徴

  • ゴルフの運転しやすさと、ターボの速さ
  • 2リッターターボ + 4WD
  • DCCで乗り心地やエンジン特性を変更できる(コンフォート・ノーマル・レース・カスタム)

エンジン&ミッション

低回転でもトルクはある程度ありますが、下からモリモリという感じではありません。2リッターなのでそこは当然ですが、2千回転以上回ってブーストがかかり始めるとかなり良い加速をします。街中ではDCCのエコモードで十分他の車の流れをリードできます。レースモードにすると、同乗者がジェットコースターなどで味わう「ゾワッ」とした加速感になります。これは、最近のSUBARUのS4やレボーグに積んでいる2リッターターボでは味わえない加速感で、WRX STIなどの加速感に近いかもしれません。(最近乗ってないから推測ですが)0-100加速は公称4.8秒となっていて、今回自分で計測した感じでは5秒ジャストくらいでした。初めてローンチコントロールを使いましたが、DSGの変速の速さと相まって、運転している自分でもあの「ゾワッ」とした感覚を味えました。動画も載せておきます。

youtu.be

音に関しては、購入当初こもり音がかなり気になっていて調べたところ、アップデートプログラムの適用をすれば解消されるとのことだったのでディーラーで適用してみたところ、見事解消しました。サウンドジェネレータの音量はもう少し小さくてもいいので、コーディングなどで対応しようかなと思っています。

燃費に関しては、街乗りで9~10km/l、高速道路13~14km/l、郊外15km/lな感じ。

youtu.be


ハンドリング&乗り心地

ステアリングはかなりクイックです。クイックですが、DCCをコンフォートにするとパワステのアシストが増してかなり軽くなるので、交差点を曲がるときなど楽です。全体のバランスとしては、コンパクトハッチバックの宿命であるフロントヘビーはうまく味付けで隠されています。

予想以上に乗り心地は良いです。とはいっても、225/40R18タイヤを履いている割には、という注意書き付きですが。特にコンフォートモードにした時の路面に吸い付く感じは非常に気持ちが良いです。マンホールや路面の荒れたところはタイヤの影響でバタバタしてしまいますが。

ラゲッジ

f:id:pawpuro10:20180719120123j:plain
ラゲッジの容量はなかなか大きいです。ボディの全幅が1800mmあるので幅がしっかりとられています。
シートを倒せば、写真のように長さが1.5mあるテーブルの天板も積めてしまいます。特に前席の位置は前に出したりしていません。ボードやスキーの板も入る長さです。

まとめ

速さと快適性を兼ね備えた、オールマイティーな車だな、と感じています。特に長距離を運転した時のクルーズコントロール+ステアリングアシストの恩恵は絶大で、静粛性も高いので500kmほどのドライブだと全然疲れません。DSGが6速ということもあり、若干高速燃費の伸びが良くないのが残念なところですが、それ以外は非常に良い車であると思います。また、内装なども別途レビューしようと思います。

リモートワークに適したエンジニア部屋を整える

今年から札幌に引っ越して、本格的にリモートワークをするようになったので、自宅の仕事部屋の環境を快適にするために工夫していることを書いていきます。記事の最後に紹介動画も載せています。

ポイント

  • 良い椅子、良いディスプレイ
  • デスクの中心近くに座ってもサブディスプレイが設置できる幅を確保する(メインディスプレイの中心から離れすぎない)
  • デスクの天板は無垢材にしたい
  • ディスプレイへの光の反射を抑えること
  • ディスプレイとデスクの隙間のスペースを有効活用したい
  • 仕事の合間に気分転換で筋トレがしたい

デスク環境

f:id:pawpuro10:20180712202553j:plain
デスクは前のブログに書いた自作のデスクを使っています。デスクは可能な限り奥行きと幅が広いものを選ぶと良いです。特に奥行きはディスプレイとの距離を調整するためにも、80cmくらいあるとベスト。ディスプレイは32インチの4K + 24インチのHDを並べて使っています。ディスプレイアームはエルゴトロンを使っていますが、そこまで頻繁に調整しないので、作りの頑丈な安いモニターアームでも十分かなと個人的には思います。

椅子は2年位使っていますが、エルゴヒューマンベーシックのハイタイプを使ってます。この椅子の良いところは、何と言っても腰のサポートが非常に良いこと。前にトレーニング中に腰を痛めた時も、この椅子に座っているのが一番楽なほどでした。リクライニングさせると、寝そべって作業するタイプの人にもピッタリ。肘掛けはリクライニングと連動して角度が変わります。椅子の下には床に傷がつかないようマットを敷いています。

ディスプレイは4Kにしようと思っていて、もっと安いディスプレイも検討していましたが、毎日長時間使うことを考え、これにしました。詳細は別記事に書こうと思います。


f:id:pawpuro10:20180714002940j:plain
ニトリで買ってきたブラインドを2枚つなげて使用してます。外からの光はディスプレイに反射してしまうので、きちんと調整しないと目の疲れが増してしまいます。ブラインドを使うとカーテンなどよりも入ってくる光の量が調整しやすいので非常に便利。カーテンレールに取り付けできるのも手軽でGood。

トレーニング環境

f:id:pawpuro10:20180714002845j:plain

リモートワークは通勤がないというのが良いところなんですが、必然的に外に出て体を動かす時間が減ってしまうという最大の難点があります。それを解消するために、部屋にはトレーニングできるスペースを作っています。朝や仕事の合間はフォームローラーを使って背中をほぐします。身体を動かしたくなったらベンチとダンベルを使った上半身のトレーニングをするようにしています。おかげで、ジムに通っているだけのときよりも上半身の筋肉が増しましたw

動画

youtu.be

DIYで無垢パイン材と鉄脚のPCデスクを自作する

f:id:pawpuro10:20180529222244j:plain

長く使える丈夫でおしゃれなPCデスクを作る

PCデスクを新調しようと思い、良さそうなデスクを探していました。いくつか見ている中で、Flymeeというサイトのデスクが非常に格好良く、その中でデザインもサイズも良さそうなものを見つけました。

flymee.jp

しかし、、値段が20万オーバー。。一生使えそうではあるものの、かなり高い。。よくよく見ると、構造自体は結構シンプルそうだったのと、天板はウォールナットではなくても良いかなと思い、自分で作れるような気がしてきました。天板の木材も色々あるようで、結構簡単に手に入りそうな感じ。

などがあり、下記のサイトのように無垢材の天板を買えるサイトもあります。
www.r-toolbox.jp

作り方

今回はとりあえずその中で、安くてホームセンターなどでも売っているパイン材を使うことにしました。ホームセンターに行ってみると、ちょうど天板用に角を丸めたものが売っていました。

f:id:pawpuro10:20180522123709j:plain

サイズは1500x750x30。
デスクの脚は、先程の市販のデスクと同じデザインが良かったので、Amazonで似たようなものを注文。

脚のサイズを測っておき、天板の中心に来るように印をつけた上で、実際に脚を仮置きして、穴の位置に印をつけます。
f:id:pawpuro10:20180522124051j:plain

脚の取り外しが何回もできるように鬼目ナットを使うことにします。


印を付けた穴の中心に下穴を開けていきます。まずはキリで穴を中心に開けると後からドリルがずれにくくなります。インパクトドライバーを使うことをおすすめします。M6の鬼目ナットをはめるので、9mmのドリルを使います。穴が天板を貫通しないように、鬼目ナットよりも少し深いくらいにします。ドリルの途中にテープを巻いておくとストッパーになります。

f:id:pawpuro10:20180522133731j:plainf:id:pawpuro10:20180522133933j:plain

空いた穴に鬼目ナットをはめ込みます。(写真を取り忘れたので塗装後)ドリルの穴が浅すぎると鬼目ナットが出っぱってしまうので注意。補強のためにボンドを付けています。
f:id:pawpuro10:20180523205830j:plain

天板の穴あけが終わったら、塗装をしていきます。無垢材の手触りが良かったので、ワトコオイルで塗装をすることにしました。ウレタンなどの塗装と比べると非常に簡単です。サンドペーパーで下地をつくって、刷毛で伸ばして、古いシャツなどで拭き取ります。乾いたら刷毛で塗って拭き取る、を2回くらい繰り返しました。塗る回数によって色を調節できます。
f:id:pawpuro10:20180523095010j:plain

塗り終わった後。独特の匂いがあるので、2日くらいは乾かしたほうが良いと思います。
f:id:pawpuro10:20180523135334j:plain

脚を装着します。無垢材は柔らかく凹みやすいので、気をつけて扱います。今回購入した脚は比較的大きめにネジ穴が空いているので、多少天板側の穴の位置がずれていても大丈夫でした。
f:id:pawpuro10:20180524115424j:plain

ディスプレイなどを置くとこんな感じ。思ったより良い感じ。
f:id:pawpuro10:20180529222244j:plain

AnkerのPowerPortはマグネットシートを貼って、デスクの裏に設置。

f:id:pawpuro10:20180524154334j:plainf:id:pawpuro10:20180524154319j:plain

材料費

  • 天板:¥11,664
  • 脚:¥8,094
  • ワトコオイル:¥2,691
  • 刷毛:¥537
  • 鬼目ナット:¥172 * 4 = ¥688
  • サンドペーパー:¥131
  • ドリル(9mm):¥483

合計:¥24,288

まとめ

使っている材料が全然違いますが、20万のデスクのデザインに似たものが、1/10ほどの値段で作れてしまいました。グラつきも全然なく、非常に丈夫です。あと、仕事柄一日中キーボードをタイプするので、手がデスクの端に当たるのですが、無垢材なので肌触りがよくとても心地よいです。あとは、天板の反りなどどの程度劣化があるかなど、様子を見てみようと思います。オイル塗装はメンテナンスも簡単なので、長く使っていけるものが作れたと思います。

使ったもの

  • ホームセンターのパイン材(1500x750x30)
  • ダイソーのマグネットシート

痩せ型の自分が無呼吸症候群を改善した方法2

musclehustle.hatenablog.com

この記事は、以前書いた上の記事の続きです。
前に書いたとおり、舌用のマウスピースを使っていびきを軽減させることに成功したのですが、いくつかデメリットがありました。

  • 毎日洗う必要がある
  • 横向きで寝るとよだれが垂れる
  • 寝ている最中に大体外れている
  • 歯が長時間押されているので少し痛い
  • 唾が飲み込みにくく違和感が強い

というのがあり、もっと良い方法がないかなと思っていて、試しに違和感が少なそうなバンド型のものを買ってみることにしました。

原理は簡単。バンドで抑えることによって口を開けにくくなり、大きな口を開けていびきをかくことがなくなります。一方で、舌は固定されないため、口の中で落ち込んでしまうことはあるので、完全にいびきがなくならないかもしれません。自分の場合は、大幅に音量が下がってかなり静かに寝ているようです。口を閉じているので、無呼吸状態にもなりにくいように思います。いびきラボで何回か測ってみましたが、下記と同じような結果が出ました。

f:id:pawpuro10:20180518214051p:plainf:id:pawpuro10:20180524213748p:plain
(左)未装着 → (右)装着

メリット
  • 違和感がすくなく、横向きでもうつ伏せでも問題なく寝れる
  • 朝まで取れない
  • 口が乾かないので喉にも優しい
デメリット
  • 強力な寝癖がつく
  • 完全にはいびきは止まらない
  • 顎のバンド部分が汗ばむ
データ

前回の記事と同様に、AutoSleepの数字も比較しておきます。
睡眠時間は前後するのでそこまで参考になりませんが、今回も心拍数がかなり下がっています。心拍数が下がっているので、より睡眠の質は上がっているように思います。

データ 装着前 マウスピース装着後 バンド装着後
良質な睡眠 2:50 4:37 5:38
心拍数 58.33 56.16 54.3
睡眠時間 6:48 7:03 7:34

本格的にリモートワークを初めて2ヶ月半ほど経った感想

Web/iOS/Androidエンジニアとして、リモートワークを初めて2ヶ月半ほど経ちました。1ヶ月位経って慣れたかなと思ったのですが、その後も徐々にダレてしまったりと、色々と苦労する点も多かったです。なので、少し振り返っておこうと思います。

メリット

睡眠時間が伸びた

通勤がないので、その分睡眠に充てられる時間が増えました。起きてすぐに着替えずに作業ができる。トラブル時でも基本的に自宅で対応できる体制が整っています。

体調が多少悪くてもパフォーマンスが落ちにくい

自宅で作業するため、多少眠かったり具合が悪い場合はベッドで休むことができます。特に体調が悪い時に辛いのが通勤です。通勤の電車での苦痛から開放されるだけで、かなり楽になるはずです。

花粉症が軽減される(風邪をひきにくくなる)

外にあまり出ないのと、自宅のデスク横にプラズマクラスターの空気清浄機を設置しているので、花粉症の症状がかなり軽減されます。

明日から仕事かぁと思うことが全くなくなった

元々、あまり仕事に対するネガティブな感情はない人間なんですが、家で仕事をするようになってから全くと言ってよいほど、次の日の仕事を気にすることがなくなりました。それは、恐らく朝早起きする必要がなくなったり、体調のコントロールがしやすくなったというのが背景にあると思います。

デメリット

アイディアが出づらくなった

これはまだ原因がはっきりしていないのですが、オフィスなどで働いている時は結構周りの雑音だったり誰かと雑談したりするので、それが何かを思いつくのに良い影響を与えているのかなと思ったりします。これに関しては、集中力や色々なものが原因だと思うので試行錯誤しているところです。

目に見える結果を出さなきゃという焦りが生まれる

オフィスに居ると、何となく仕事をしているというのがわかるのであまり感じないのですが、顔が見えないと自分が仕事をしているということをきちんと理解してもらえているだろうか?とか、今日は全然コードを書いていない、などの焦りを感じることがあります。もちろんオフィスワークでもアウトプットが一番重要ではあるものの、リモートワークになって強く感じていることです。

タスクを消化している感覚が強くなった

これは自宅、という誘惑が強い場所特有だと思いますが、一つのタスクが終わるごとに席を立ったりして必要以上に解放される感じがあります。オフィスに居た時は複数のタスクを連続してこなすのがそこまで苦ではなかったのが、それができないことがあります。

トラブル時の温度感がわかりづらい

オフィスワークのメンバーと一緒に働いていると、障害が起きている時にオフィスでどんな対応をしているのか、どの程度の緊急度なのかがわかりにくいというのがあります。特に緊急の場合は口頭でやり取りされることも多く、リモートのメンバーは取り残されている感覚になることもあると思います。

工夫しているところ

デスク環境
  • ディスプレイ
  • 椅子
  • ディスプレイと窓のレイアウト

上記の3つには特に気を使っています。ディスプレイと椅子に関しては別記事で紹介しますが、ディスプレイに窓からの光が反射すると目がかなり疲れるので、窓とディスプレイの位置関係は重要です。ディスプレイには直接窓からの光が当たらないように注意し、窓と平行にディスプレイを設置するようにしています。

トラブル時に積極的に協力する

予めトラブル時の共有方法を決めています。まずはSlackでトラブルの現状を共有してもらい、オフィスでタスクに分解できる場合はタスクに落としてから振ってもらうようにし、対応策を全員で考える場合はオンラインMTGをするようにしています。また、こちらから積極的に何か協力できることがあればやります、という姿勢を見せることも大事です。(トラブルの時は存在を忘れられがちなのでw)

家の外で一定時間仕事をする

デメリットのところにも書いた、雑音&周りの目というのは結構集中したりアイディアを考えたりするのには効果的で、一日2時間とかでも外のカフェなどで集中する時間を作ると結構捗ったりします。

ランチを外で食べる

家で仕事していると一歩も外に出ない日が結構あります。そうすると、段々と気持ちが曇ったりすることもあるので、気分転換に外でランチを食べたりするのが効果的です。

ジムに行く

リモートで働いていると、通勤がない分とにかく運動不足になります。全然太らなかった人でも、徐々にお腹周りにお肉がついてくるのがわかるはずです。詳しくは前に書いた記事があるのでそちらを読んでほしいですが、特にリモートワークは意識的に身体をメンテナンスを行う必要があると思います。
musclehustle.hatenablog.com

まとめ

リモートワークになって色々なメリットがある一方で、きちんとパフォーマンスを発揮するためには自分自身に向き合って、工夫しながら仕事の仕方を探っていく必要があると感じています。しかし、あまり追い込みすぎるのも良くないですし、1日中集中して作業するというのは無理だと割り切るようにしています。1日の中で2、3時間集中して一気に作業する時間がを作れるように意識すると、自然と自分の最大限のパフォーマンスを引き出す方法が分かってきそうなので、その辺を意識しながらまたしばらく試行錯誤してみようかと思います。

フリーランスの保険あれこれ

今後、保険関連で何に入ればよいかを考えるために調べたことを適当に書いておく。

前提

  • 20代後半Web系フリーランスエンジニア
  • IT健保を任意継続している
  • 結婚していて、そのうち子供ができるかもしれない

IT健保の保証

  • 傷病手当が出る
    • 標準報酬月額が40千円だった場合、400,000/30*2/3 = 8,888円/日

http://www.its-kenpo.or.jp/documents/hoken/situation/case_07/kyufu03_00.pdf

  • その他給付

http://www.its-kenpo.or.jp/hoken/situation/case_10.html

  • 出産祝い金
    • 被扶養者でなくても家族として出るかも?

http://www.its-kenpo.or.jp/toiawase/index.html

フリーランス協会の所得補償

  • 5,000円/月くらいで、賠償保険と所得補償が受けられる

https://y-h-c.com/lp_form/freelance.html

生命保険

  • ライフネットの定期死亡保険で十分か

http://www.lifenet-seimei.co.jp/product/life/

北海道で走りの楽しい4WD車を選ぶとすると?

今年北海道に移住する予定で、次の車を何にしようか考え中です。
条件としては、下記を全て満たすものが理想。

  • 4WD(もしくはFF)
  • AT or 2ペダルMT(6ATが理想)
  • 高速巡航が楽(程々にパワーがある)
  • 300万円内
  • デザインが格好良い
  • クルコン(できればACC)が付いている

とりあえず、色々見ていく中でディーゼルの力強さと燃費をとるか、ガソリンターボーのスポーティーさをとるか、という2択になりました。そうすると自然と国産はスバルかマツダ、外車はアウディVWあたりになりました。一台ずつ見ていくと、、

1. ゴルフR

f:id:pawpuro10:20180412193225j:plain
Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式
スポーツ性と実用性どちらをとってもかなり魅力的な一台。新車価格が500万オーバーではあるものの、2014年モデルなどは300万を切っているものもあり、良い中古が見つけられればお買い得な気がしています。ライバルとしてメルセデスのA45AMGなどがありますが、あちらは中古車相場が+100万くらいになってしまうので除外しました。

2017モデルは280ps/38.7kgm→310ps/40.8kgm・6速DSG→7速DSGという進化しているポイントがあるのですが、2014モデルでも十分なパフォーマンスです。
心配なのは、DSGの耐久性くらいでしょうか。保証などで直せない場合はかなりの出費になるので、少々気になっています。
→DSGの故障に関して、VWなどを中心に扱っている中古車屋さんに聞いてみたところ、Golf7以降のDSGの故障は殆ど聞いたことが無いそうです。6まではやはり故障はあったようですが。

2014モデルの中古相場は280~400万。
https://www.goo-net.com/usedcar/brand-VOLKSWAGEN/car-GOLF_R/


2. アクセラスポーツ2.2XD 4WD

f:id:pawpuro10:20180412192655p:plain
【MAZDA】アクセラ|5ドアスポーツ・ハッチバック / 4ドアセダン – マツダ



条件をすべて満たしている、第一候補。
程よくコンパクトなボディーに2.2リッターのディーゼルを積んでいます。
かなりパワフルな一方で、渋滞の少ない北海道のであれば、実燃費は20km/lは超えると思われます。
若干フロントヘビーな感じが気になりますが、そこはマツダなのでうまくチューニングしているはず。
アクセラのXDは1.5と2.2がありますが、4WDの設定があるのが2.2のみになります。

4WDの台数があまり多くなく年式も新しいめなため、カーセンサーだと大体260~300万円の間くらいと少々高い。
アクセラスポーツ・4WDの中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】

3. デミオ1.5XD 4WD

f:id:pawpuro10:20180412192717j:plain
【MAZDA】デミオ|コンパクトカー – マツダ


これもデザイン以外は概ねOK。発売当初に1日借りて試乗した時は、コンパクトカーとは思えない重厚な走りと高速巡航の楽さに感動した記憶があります。
とはいえ、1.5リッターという排気量故に極低速のトルクが細かったりターボラグを感じたりとネガも多少はあります。また、デザインも他のマツダ車と比べてしまうとボディサイズが小さいというのもあり、劣ってしまう気がします。
ただ、値段と走りと燃費どれをとっても他のコンパクトカーにはない良さがあるので悩むところです。
装備では、安いマイチェン前のグレードだとACCではなく普通のクルコンになってしまいます。最近のモデルを選べばACCが付いているものも見つかりそうです。

カーセンサーだと大体170~200万円の間くらい。
年式が最近のLパッケージだと200万円超えもちらほら。
デミオ・4WDの中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】

4. WRX S4

f:id:pawpuro10:20180320215921j:plain
北海道では絶大な人気を誇るSUBARU。その中で候補に上がるのが、WRX S4です。今までのSUBARU車の中ではデザインもかなり格好良いと個人的に思っているのと、2.0DITの300psというパワーとアイサイトの楽さが非常に魅力です。ただし、ミッションがリニアトロニックというCVTであるというのがマイナスポイントになっており、普通のトルコンATだったらもう少し上位になったかなと思います。
ただし、最近のリニアトロニックはかなりアクセルレスポンスが改善されてきていて、先日乗ったXVなんかはアクセルオフから踏み直した時のレスポンスやむやみに回転が上がらず加速する感じなど、ネガティブな部分が徐々に解消されているなと感じました。中古でもマイチェン前のモデルであれば260万ほどで出回っています。
それ以外にもフォレスターレヴォーグがありますが、デザインが好みではないので外しました。

中古車相場は260~300万円前半と幅広い。
WRX(スバル)の中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】

まとめ

最終的には、Golf Rを中古で購入することにしました。新車価格は諸費用込600万オーバーですが、4年落ちくらいになると300万を切るタマもちらほらあり、走りと装備を考えて非常にお買い得かなというところと、DSGの信頼性がかなり上がっているというところは大きいですね。